ホーム会社情報

会社情報

名称 生駒学税理士事務所
所長 生駒学
所在地・連絡先 〒760-0050
香川県高松市亀井町4-2 岡内第2ビル5F
フリーダイヤル:0120-946-216
TEL:087-862-0322
FAX:087-862-0713
info@ikomamanabu.com
開業 1991年(平成3年)11月開業
業務内容 税務会計及び
タックスコンサルテーション
スタッフ 61名
関連会社 株式会社アイ・エス・ケイ/株式会社生駒相続・事業承継研究所
株式会社 生駒経営/株式会社 生駒事業再生プロジェクト

岡内第2ビルのご案内

生駒会計事務所


所長 生駒学 事務所方針を語る

私ども事務所の経営理念です。

一、生駒会計は、四国で一番お客様から喜ばれる数の多い事務所になります。
一、生駒会計は、お客様及び従業員、そして、その家族が幸せになるお手伝いをします。
一、生駒会計は、全従業員が同じ価値観、使命感に燃えて熱き心で仕事をします。

生駒会計は、当たり前ですが、いい仕事をして、数多くのお客様から支持されたいと思っています。
そして、その結果、支持していただいたお客様、社員、その家族が物心両面で幸せにならなければいけません。そのためには、社員が生駒会計の価値観と使命感を共有して、お客様、会社、自分自身のためにいい仕事をしなければなりません。

生駒会計は、お客様にご提案する姿勢を忘れません。

生駒会計は、お客様に、常にご提案をしていきたいと思っています。会計事務所の仕事は、どうしても受動的になりがちですが、月次試算表のご説明、決算対策は当たり前として、資金繰り(三好副所長担当)、医療、介護(萱原部長担当)、相続、事業承継(児嶋部長担当)と専門家を担当部長として張りつけています。必ず、皆様のお役に立てると自負しております。

会社に元気を!社長に数字を!

私たちは、平成3年11月7日に生まれました。高松市番町のうどん屋の2階、机とコンピュータが入ると、カニ歩きをしなければいけない小さい6坪の事務所でした。社員は女性パート1名。お客様ゼロからのスタートでした。
平成28年2月1日現在、社員数は60名を超え、お客様数も800社に迫る勢いです。おかげさまで香川県では、最大クラスの会計事務所に成長することができました。さて、会社が発展するためには何が必要でしょうか?一つは、社長が数字を理解することです。ただ、多くの中小企業の社長は現場の仕事が忙しいので、どうしても数字は後回しになります。しかし、この厳しい時代に数字の把握なくして、会社の永続発展はありえません。
もう一つは、社風を良くして、会社を元気にすることです。そのためには、掃除、朝礼、挨拶、経営理念は欠かせません。私どもは見せる会計事務所として、率先して、掃除、朝礼、挨拶、経営理念の浸透を図っていきます。

生駒会計は、あなたの会社を元気にします。

月次試算表はそのままではわかりにくいものです。それゆえ、私たちは月次試算表を従来型のものに未来資料等を添付しました。具体的には月次試算表に、未来会計図表、キャッシュフロー計算書、年計表等を添付し、単なる結果だけではなく、これからすべきことが見えてくるようにしました。たとえば、キャッシュフロー計算書。これは「儲かったお金がどこに消えたか」を説明するために作ります。お客様に損益と資金の違いを理解していただき、お金の残し方をわかってもらう、ということです。
そして、未来会計図表と呼ばれる資料も作ります。これは、我社の損益分岐点売上高、限界利益が算出でき、我社はいくら稼がなければいけないのかを明確にし、経営に役立ててもらいます。来年の目標売上高、目標経常利益を設定するのに非常に有効です。私どもの商品である月次試算表は、そういった観点から工夫を重ねて構成されています。そしてこれをお客様に説明し、社長様と一緒に考えます。これこそが当事務所の最高のサービスであると考えています。

2016年1月25日 税理士 生駒 学

所長紹介

生駒学生駒学
昭和33年8月27日生まれ
香川県坂出市出身、香川県立坂出高等学校、立教大学経済学部経済学科卒業

昭和63年税理士試験合格。立教大学在学中に会計学研究会に入部。税理士の道を志す。
在学中に3科目(簿記論、財務諸表論、固定資産税)同時合格。昭和62年法人税法合格、昭和63年相続税法合格。税理士受験校講師、二見豊公認会計事務所等勤務後、平成3年11月に高松市番町に生駒学税理士事務所を開業。6坪の事務所にお客様ゼロ、パート1名からのスタート。平成28年1月25日現在、高松市亀井町に230坪、お客様数720社、スタッフ60名を抱える県下最大クラスの会計事務所に成長。
現在、関連会社株式会社生駒経営、株式会社アイ・エス・ケイ、株式会社生駒相続・事業承継研究所、株式会社生駒事業再生プロジェクト代表取締役。

このページの先頭へ