ホーム最新情報ほっとニュース

最新情報

生駒会計ほっとニュースVOL.156

今月号の生駒会計ニュースにも書きましたが、秋は生駒会計の各種セミナ―が目白押しです。

日時   9月4日(月)14時~16時30分
場所   高松商工会議所501会議室
内容   「成長する企業の条件~中期経営計画を策定しなさい~」
講師   タナベ経営 中東和男取締役
参加費  無料

日時   9月7日(木)13時30分~17時
場所   生駒学税理士事務所6F研修室
内容   そうじの力プロジェクト体験発表&見学会+セミナ―
講師   ㈱そうじの力 代表取締役 小早祥一郎氏
     生駒学税理士事務所 所長 生駒学
参加費  3千円

日時   11月1日(水)~平成30年2月28日(水)
場所   生駒学税理士事務所6F研修室
内容   生駒会計とタナベ経営による経営塾(全5回)第7期生
講師   タナベ経営 中東和男取締役
参加費  129,600円(お二人目以降64,800円)

日時   11月16日(木)15時~19時
場所   高松国際ホテル
内容   第28期経営方針発表会&記念講演、懇親会
講師   (有)志縁塾 代表取締役 大谷由里子氏
     生駒学税理士事務所 所長 生駒学
参加費  7,000円(第一部発表会のみ参加2,000円)

その他、月例セミナ―も毎月開催しています。また、相続・事業承継個別相談会(無料)、人事・労務管理個別相談会(無料)も毎月開催しております。詳しくは、同封の案内チラシ等をご覧ください。セミナ―会場でお待ちしています。


生駒会計ほっとニュースVOL.155

 生駒会計事務所は、グループ会社として、新たに2社、株式会社生駒ホールディングスと株式会社生駒保険サービスシステムを設立しました。株式会社生駒ホールディングスは言葉通り、グループ会社の持株会社として考えています。具体的な運用はこれからですが、先ず、入れ物をつくりました。
 さて、生駒会計グループは、以前より、保険サービスシステム株式会社(本社 東京)と業務提携をして、お客様へのリスクマネジメント活動をしてきました(もちろん、今後も継続していきますが、距離の問題があります)が、今回、株式会社生駒保険サービスシステムを設立し、元香川興産(香川銀行グループ)の三好仁部長を生命保険アドバイザーとして顧問にお迎えして、もっときめ細かくリスクマネジメント活動を行っていきたいと考えています。私は、節税にしろ、事業承継にしろ、一番安定的な対策のひとつに生命保険があると思っています。どちらかと言えば、義理等で加入している生命保険を科学的に分析して、ベストプランをご提供したいと思っています。どうぞ宜しくお願いします。
 また、生駒会計事務所は慶事が続いています。去る6月3日(土)に社員の柿ノ木将也が結婚式をあげました。入籍は、5年前に終えていて、お子様も二人いるのですが、結婚式を挙げていなかったということで、結婚式をあげました。
 それに、続くように社員の森川純平と崎岡友美が6月28日に入籍をし、また、山田章太も6月17日に入籍をしました。これから結婚式を挙げる予定と聞いています。今後とも倍旧のご支援を宜しくお願いします。


生駒会計ほっとニュースVOL.154

 先日、静岡県浜松市にある税理士法人SS総合会計の会計事務所見学会に参加しました。この税理士法人は、昭和46年4月に先代の鈴木眞一会長が創業し、現在は、二代目のご子息である鈴木宏典先生が代表として後を継いでいらっしゃいます。
 ここの事務所(社員数50名)の特徴は、正社員も当然いますが、いわゆるパート主婦を戦力化した事務所として業界内では有名です。あらゆる業界において、人手不足の現在、家庭内でいらっしゃる優秀な主婦の方にもっと活躍していただける場を提供し、輝いていただけるチャンスを与えることは重要なことだと思います。
 私の事務所で言えば、社員数60名の内、正社員約30名、パート、準社員約30名で運営していますが、パート社員の主な仕事は、伝票整理と伝票入力等のあくまでも正社員のサポートという立場でしたが、今後は、積極的に、前向きなパート社員さんについては、比較的小規模の決算業務をこなしていただこうとしています。
 ご心配なさらないで下さい。私どもの事務所には、20年選手、15年選手、10年選手の優秀なパートさんが沢山いらっしゃいますす。はっきり言って、若手社員のペイペイよりかは、仕事もできますし、社会常識を兼ね備えています。
 生駒会計はこの人手不足の時代に大きな変革をする所存です。大いに期待してください。私も楽しみにしています。


生駒会計ほっとニュースVOL.153

 新緑のいい季節になりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか?お変わりありませんか?
 先月のほっとニュースにも書きましたが、大体、会計事務所は5月が超繁忙月になります。私どもの事務所でも3月決算5月申告が126社もあります。ありがたい話です。嬉しい悲鳴です。当然、5月だけでは間に合わないので、3月15日の個人の確定申告が終わるや否や「出来るだけ早く3月決算5月申告を4月中に1社若しくは2社仕上げてください。」と社員にアナウンスをします。おかげさまで、5月13日(土)現在、86社/126社(68.2%)の決算が作成できました。あと残り40社です。もうひと頑張りです。
 さて、話は変わりますが、6月より、毎月の無料相続・事業承継個別相談会に加えて、同じく無料の人事・労務管理の個別相談会を開催したいと思います。以前より、お客様から色々労働問題等のご相談をもちかけられていましたが、4月に社会保険労務士の川口節男が入社し、今回の無料個別相談会の開催になりました。皆様の経営のお役に立てればと思います。是非、ご利用下さい。
 別途、個別相談会申込書を同封しています。


生駒会計ほっとニュースVOL.152

 春になりました。もう朝5時には薄っすら明るくなっています。朝型人間の私は、平日は朝5時より事務所にでていますが、窓を開けると、昨日雨が降ったこともあって、若干、湿っぽいですが、爽やかな空気が事務所に入ってきます。
 さて、事務所は怒涛の確定申告が終わり、4月は少しゆっくりします。ただ、5月に入ると、3月決算5月申告が待ち受けています。3月決算は130社程ありますので、4月から3月決算の準備に取り掛からなければいけません。私の事務所では、繁忙月は確定申告期と同じように、掃除はシルバーさんにお願いして、また、朝礼も打ち合わせだけの5分程度のものになります。シャットダウン時間も通常月の19時から20時30分になり、土曜日は全員出社で、臨戦態勢になります。
 しかし、この5月が終わると、会計事務所は12月まで、組織体制の見直し、新規事業の取り組み等の内部改革ができるようになります。私どもも、来年より、配偶者控除の限度額が103万円から150万円(実質は社会保険加入の問題があるため130万円)に引き上げられるため、主婦のアシスタント(生駒事務所ではパートさんのことをアシスタントさんと呼びます)さんにレベルの高い仕事をしていただいて、それを起爆剤として、更なる成長をしたいと考えています。
 前月も生駒会計ニュースに書きましたが、この人手不足の時代、労働環境を良くしないと企業は成長どころか、存続、維持することができません。そのためには、優秀なパート社員、外国人労働者の活用は必須条件のような気がします。


このページの先頭へ