最新情報

寒中お見舞い申し上げます

皆様に、この生駒会計ニュースが届くのは1月20日前後だと思いますが、この原稿を書いているのは、締め切り日の関係もあって平成29年12月25日。まだ、新年(平成30年)を迎えていません。さて、平成30年は戌年、私はいよいよ還暦を迎えることになります。本当にあっという間の60年でした。皆様も同じだと思いますが、60年経ったことを自分自身信じられません。
私が事務所を開設したのが、平成3年、33歳の時です。27年が経つことになります。その間、一番大きな影響を受けたのが、東京の古田土会計事務所の古田土満先生、今の生駒会計があるのは古田土満先生のおかげだといっても過言ではありません。古田土満先生との最初の出会いは、平成14年、私が事務所を開設してほぼ10年を迎えた頃です。社員数が25名になり、お客様数は250社を数えるようになりました。社員数25名の会計事務所といえば県下では大規模事務所に入ります。当時、私がどう考えていたかと言いますと、「(偉そうに言えば)果たして、事務所をこれ以上大きくしていいのかな」。やはり、業種業種、適正規模というものがあるでしょうし、また、お客様の数が増えるということは、お客様と私自身との距離感が発生します。ただ、一方、成長しない事務所で社員のモチベーションが維持できるか、また、お客様の様々なご要望に応えるためには、一定数以上の社員数は必要であるとも思っていました。




古田土満先生

そういう迷いを払拭してくれたのが古田土満先生です。当時、古田土満先生は50歳、社員数は58名位だったと記憶しています。その時の教えが「会計事務所は中小企業の見本となりなさい」。一般的に会計事務所の仕事と言えば、帳簿を作成し、決算書を作成し、税金を計算する。いわゆる過去計算。しかし、古田土会計は、お客様の明日を良くするために、税金の計算をするのはもとより、会社を支えるのは「人」ですから、「人」を良くするために、早起き、掃除、朝礼、挨拶、経営理念の共有、経営方針書の作成等、様々な取り組みを行っていました。今までの会計事務所では想定もしなかったことです。でも、そのひとつひとつの教えが生駒会計の血となり、肉になっていったように思います。
現在、古田土会計は、売上高15億円超、社員数210名超の日本を代表する会計事務所に成長しました。その古田土満先生も今年65歳になり、グループの代表を常務取締役の飯島彰人氏(41歳)に譲ります。親族外承継です。平成30年1月10日に古田土会計第36期経営計画発表会があります。古田土満先生自身が行う最後の経営計画発表だと案内には書いています。その空気を観てきます。感じてきます。触れてきます。そして、それを、また皆様にお伝えできればと思います。。
古田土満先生の汚い字シリーズ平成29年12月版「経営にはコツはないが原理原則はある」を同封しておきます。秀逸です。ぜひ、ご一読下さい。



このページの先頭へ

生駒学税理士事務所

0120-946-216

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる