ホーム最新情報生駒会計ニュース(所長の独り言)生駒会計とタナベ経営による経営塾 第7期生 大募集!

最新情報

生駒会計とタナベ経営による経営塾 第7期生 大募集!

生駒会計とタナベ経営による経営塾がいよいよ始まります。経営塾も今年で第7期生になります。先月号の生駒会計ニュースで少しご紹介しましたが、今年は、中期経営計画策定セミナーと題して、受講生の皆様に自社の中期経営計画を策定していただこうと考えています。
中小企業の多くは、経営計画を策定せずに事業を行っているのが現実です。社長の頭の中では、大体の数字を描いているのでしょうが、それを「見える化」していません。残念ながら、「見える化」していないということは、何も決めていないことと同じです。
中小企業が経営計画をつくらない理由は大きく3つあげられます。
一つは、将来のことは、雲をつかむようでわからないので意味がない。しかし、考えてみて下さい。よくわからないのは、売上と利益です。いわゆる固定費と言われるもの、例えば、人件費、地代家賃、水道光熱費、支払利息等の金額はほぼほぼわかると思います。入ってくる金額はわかりませんが、出ていく金額はわかるので、逆算すれば、稼がなければいけない金額はわかります。中期経営計画は、いくら稼がなければいけないかを計画するものです。
 二つ目の理由、計画を立てても「計画通りに行かない」。しかし、計画通りに行かないからこそ計画が必要なのです。計画と実績の差が何を意味するのか?社長の考えとお客様の考えの違いを教えてくれるのです。それで、次の手が打てるのです。


私はこう思います。会社を経営していると、常に想定外のことが勃発します。例えば、頼りにしていた社員が急に退職したり、病気になったり、また、思いがけない業務上のミスが発生したり、したがって、そうそう計画通りには進まないものなのです。しかし、何があろうと会社は生き残っていかなければなりません。また、社長は社長である以上、全ての責任を負わなければなりません。決して、逃げることは許されません。
大手企業は、すべからく中期経営計画を策定しています。それは、何故でしょうか?計画があれば、大きく外れた航路を社長が求める航路に修正することが可能だからです。また、当初の航路に復帰することが不可能だとわかった場合、別の航路を模索することも可能です。何もなければ、正しく、行き当たりばったり経営になってしまいます。
3つ目の理由は、忙しくて、計画をつくる時間もなければ、作り方もわからない。その通りです。中小企業の社長は、大体プレーイングマネージャーです。落ち着いてデスクに座って、計画を立てる時間などありません。そこで、この経営塾に参加して、一緒に時間をつくって、中期経営計画を策定しましょう。一度作成してしまえば、あとは、毎年、毎年の見直しですから一生ものの財産になります。そして、そのやり方を、後継者が引き継いでくれたら、会社経営が盤石なものになります。


このページの先頭へ