ホーム職員紹介 › 三好啓之

三好啓之

三好啓之

副所長
三好啓之

毎日、必ずどこかの金融機関の支店様に顔を出させていただいております。少しでも多く、お客様と金融機関様の橋渡しが出来ればと日々奮闘しています。資金繰り等でお困りの事があれば、遠慮なくご相談ください。

自己紹介


副所長の三好啓之です。流通業関連の会社を経て平成18年5月に生駒学税理士事務所に入社させていただきました。前職では、専務取締役として従業員160名と一緒に汗を流して働いておりました。人事問題・資金繰り等で色々と良い経験をさせてもらいました。その経験を活かして、「経営者の立場・従業員の立場・会計事務所の立場」全ての立場で物事を考え解決してまいります。


仕事について

通常の会計業務の他に、事業再生業務・コンサル業務に従事させていただいております。特に、事業再生部門につきましては、現在115社(平成29年7月時点)の事業計画を作成させていただいております。平成29年3月期の認定支援機関の活動状況で全国5位(四国地区1位)の実績で表彰されました。弊所の事業計画書にも記載されておりますが、「事業再生部門では西日本第1位」を目標に取り組んでまいります。これからも、お客様にもっと喜んでいただけるように、事業再生部門のスタッフと一緒に仕事に取り組んでまいります。


プライベートについて

私の子供は28歳の息子と25歳の娘ですが、おかげ様で2人の孫(息子の子供)を授かっております。蒼大(3歳)とあこ(1歳)です。いつも事務所では険しい顔をしていますが、孫の前でも「もうデレデレ状態」です。子供たちの為にも、孫たちの為にも、まだまだ老け込むわけにはいきません。


職員一覧

このページの先頭へ