最新情報

ご存知 橋下徹弁護士の登場で~す\(^o^)/

 令和元年(2019年)11月20日(水)15時よりJRホテルクレメント高松(飛天の間)に於いて、生駒学税理士事務所第30期経営方針発表会を開催します。来期は30期ということもあり、今年の記念講演の講師は、な、な、なんと、皆様ご存知の元大阪府知事、元大阪市長で弁護士でもある橋下徹先生をお招きしました。ご講演タイトル等は未定ですが、きっと、熱い熱いお話になるのは間違いございません。火傷をしても知りませんよ。

 さて、私が高松市番町に6坪の事務所を構えたのが平成3年11月7日、33歳の時です。あれから約30年、独立当初はパート社員1名、お客様ゼロでスタートした税理士事務所が皆様のご支援により、現在、高松市亀井町に240坪の事務所と社員68名、お客様870社を抱える香川県でも最大クラスの会計事務所になることができました。本当にありがとうございます。私も、今年の8月で61歳になります。眼も見えなくなり、白髪も増え、自慢だった記憶力も悪くなりました。事業承継も視野に入れなければいけないお年頃です。

 私の話はさておき、ここで、橋下徹先生の生い立ちを少しご紹介しましょう。橋下徹先生は、昭和44年東京都渋谷区生まれ、現在、まだ50歳。小学5年で大阪に引っ越し、手狭な府営住宅から地元の公立学校に進学。小中学校ともに荒れた学校でしたが、小6で170センチ、体重65キロの体格で、ついたあだ名は「おっさん」。中学時代から始めたラグビーも「一番ワルそうな部に入った方が安全だと思ったから」。

 高校は大阪府立北野高校、関西屈指の進学校(偏差値ランキング大阪府1位)。北野高校時代もラグビー部で、厳しい練習に耐えて、レギュラーを勝ち取り、46年ぶりに「花園出場」を成し遂げます。一浪して早稲田大学政治経済学部に入学。学生ビジネスで不渡手形をつかまされたのが法律家になるきっかけ。平成6年早稲田大学卒業年に司法試験に合格。平成10年「橋下綜合法律事務所」を開設。平成15年『行列のできる法律相談所』『たかじんのそこまで言って委員会』等でレギュラーを務め、平成20年38歳で第52代大阪府知事就任。平成22年地域政党大阪維新の会設立(平成24年国民政党・日本維新の会設立)。平成23年第19代大阪市長就任。平成27年大阪市長任期満了後、政界引退。現在弁護士として活躍中、家族は奥様と三男、四女のお子様。

 皆さん、ワクワクしませんか?決して裕福でない家庭から、荒れた中学校、ラグビーをやりながら、大阪一の北野高校に進学し、北野高校でもラグビーをやりながら、早稲田大学に進学、卒業年に司法試験合格。高校時代の同級生の奥様と結婚、三男四女をもうけ、TV等にも出演し、大阪府知事、大阪市長を歴任して、大阪、いや日本を変えようとした男。

 我々は、橋下徹先生の真似はできませんが、先生のスピリッツを感じながら、せめて、我々の会社、社員、家族は守っていかなければなりません。

 生駒学税理士事務所第30期経営方針発表会に、最高の講演者をお招きできたと胸を張って言えると思います。是非、ご参加ください。 

このページの先頭へ

生駒学税理士事務所

0120-946-216

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる