最新情報

~給付金等まとめ~ 生駒会計ニュース号外VOL.13 2020年7月13日

コロナ禍において、皆様、大変厳しい経営をされていると思います。
今回の号外VOL.13は新たな香川県の「香川県前向きに頑張る事業者を応援する総合補助金」と「家賃支援給付金」のご説明、「持続化給付金」等の再確認が目的です。主だったものを列記しましたが、これ以外にも給付金、助成金があります。また、各自治体独自の制度もありますので、是非、
経済産業省、各地方自治体のHPをご参考にしてください。

1.香川県前向きに頑張る事業者を応援する総合補助金
 コロナによる影響を乗り越えるために、①暮らしと経済の立て直し②強靭な社会、経済構造を構築する場合に中小企業、医療法人、NPO法人等、個人事業者に対して下記の補助金が支給されます。
 タイプA(補助額4/5、上限80万円)
 タイプB(補助額3/4、上限300万円)
 タイプC(補助額3/4、上限1,500万円)
 令和2年4月7日~令和2年12月15日までに支払いが完了した
 例えば、広告宣伝費(販売促進費)、機械装置等費、消耗品等費、開発費等と支給対象範囲が広いです。
 募集期間は7月14日から8月13日と1ヶ月です。是非、ご活用下さい。詳しくは「香川県前向き」で検索してください。

2.◎家賃支援給付金
 いよいよ明日(14日)より申請受付開始予定です。
 中小法人(医療法人、NPO法人、社会福祉法人等も含む)は最大600万円、個人事業者は最大300万円給付金が支給されます。
 主な要件は下記の通りです。
 令和2年5月から令和2年12月までの間で、
 ⅰいずれか1ヶ月の売上が前年同月と比較して50%以上減
 ⅱ連続する3ヶ月間の売上が前年同期間と比較して30%以上減
 但し、又貸し、自己取引(例えば、自分の会社とその社長)、親族間取引は対象外です。

3.持続化給付金
 皆さんご存知の法人最大200万円、個人事業者最大100万円の持続化給付金です。要件は令和2年1月以降の売上が前年同月(1ヶ月)と比較して50%以上減少です。香川県持続化応援給付金(20万円)もあります。

4.納税が1年間猶予(特例猶予制度)
 所得税、法人税、消費税等、ほぼ全ての税目が対象です。地方税も猶予されます。無担保、延滞税なしです。
 ①要件 令和2年2月以降売上が前年同月比で20%以上減
 ②対象期間 令和2年2月1日~令和3年2月1日迄納期限分

5.固定資産税等の減免
 ①要件 令和2年2月~10月迄の任意の3ヶ月の売上が前年同月期比30%以上減
 ②減免額 30%以上50%未満 2分の1
      50%以上 ゼロ
 ※ 令和3年分が対象、令和2年分は特例猶予制度の対象

6.雇用調整助成金
 令和2年4月~9月分については、大幅な拡充、手続きが簡素化されました。

7.コロナ休業支援金・給付金
 コロナで休業したものの、休業手当の支払いを受けることができなかった中小企業の労働者に対する支援金です。

8.コロナ小学校休業等対応助成金・支援金
 9月30日までの間に休校した小学校等に通う子供の保護者の欠勤等に伴う所得減少を補うための助成金、支援金です。

9.社会保険料等
 税金だけではなく、令和2年2月以降の1ヶ月間において売上が前年同月期比20%以上減の場合には、1年間納付が猶予されます。担保不要、延滞金かかりません。

10.実質無利子、無担保の融資制度
 日本政策金融公庫、民間金融機関で用意されています。非常に借りやすくなっています。是非、ご利用ください。

このページの先頭へ

生駒学税理士事務所

0120-946-216

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる