セミナー情報

令和3年2月24日(水)『レセプトデータの活用方法及び データからの増収・増患方策並びに個別指導該当の判別』

 医療機関の収入の大部分を占める保険診療収入は、すべてレセプトデータとして審査機関及び保険者に請求されています。したがって、このレセプトデータを比較分析・活用することにより、収入の元である患者数・平均点数等が適正であるかどうかを知ることができ、さらに増収・増患の方策を見出すことや個別指導の対象となり得るかを知ることも可能となります。このレセプトデータの活用方法について、わかりやすく実務的に解説いたします。

 ① レセプトデータとその内容は
 ② 患者数・平均点数の比較検討
 ③ データからの増収・増患の方策と個別指導対象該当の判別

日時

令和3年2月24日(水) 15:00~16:30

※新型コロナウイルス感染拡大等の状況次第で中止になる可能性があります。

会場

生駒学会計事務所 3F 会議室A

(高松市亀井町4-2 岡内第2ビル)

講師

多田 愼二 先生(生駒学税理士事務所 医療介護部顧問)

 歯科レセプトコンサルタント・歯科医業経営コンサルタント。

 青山学院大学経営学部卒。

 現在、デンタルアシスト顧問。四国医療福祉専門学校非常勤講師。

 香川県内の歯科医院の事務長を長年経験し、歯科医療事務代行及び歯科

 医業経営コンサルタント会社設立を経て、現在までに県内外150件以上

 の歯科医院の医療事務、医療法人設立、診療所開設、個別指導対策等あ

 らゆる業務に関与。専門学校、近畿厚生局、保険医協会、ヒューマンア

 カデミー等の多数の講習会講師を経験。 

 「個別指導のすべてがわかる本」「歯科保険請求のすべてがわかる本

 2018年度版」「歯科の個別指導のすべてがわかる本」等の著書があ

 る。

受講料

3,000円/1名(当日会場にて頂戴します。)

定員

先着 10名(どなたでも参加いただけます。)

お申込み

下記お申込みフォームにご入力の上、お申込みください。
受講票を追ってお送りします。

その他

テキストは当日配布いたします。筆記用具をご持参ください。

恐れ入りますが駐車場はご用意できませんので、近隣の一般駐車場をご利用ください。

新型コロナウイルス対策として、検温、ソーシャルディスタンスを実施しています。マスクの着用にご協力をお願い致します。


レセプトデータの活用方法及びデータからの増収・増患方策並びに個別指導該当の判別


セミナーお申し込み

満員のため申し込み受付を終了しました

 

 

このページの先頭へ

税理士法人生駒会計

0120-946-216

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる