生駒学税理士事務所

0120-946-216

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる

地域最大クラスの税理士事務所 生駒学税理士事務所

地域最大クラスの税理士事務所 生駒学税理士事務所

節税こんなお悩みありませんか?

●節税対策の提案が全くない。●節税で現金が減ってしまった。●こんなに税金支払わないといけないの?●生命保険ばかり勧められる…。

業界の専門知識と節税のノウハウを有する
地域最大クラスの税理士事務所
生駒学税理士事務所にご相談ください!

生駒学税理士事務所 節税対策の特長

生駒学税理士事務所 節税対策の特長

●高い節税効果●手間がかからない●打つ手が豊富●決算の準備万端

●高い節税効果●手間がかからない●打つ手が豊富●決算の準備万端

決算の3~6カ月前から
『決算前打ち合わせ』

決算の直前になって、できる節税対策には限りがあります。
生駒学税理士事務所では、決算の3~6カ月から事前打ち合わせを行います。

現在の経営状態と事業計画を対比し、最適な節税方法をご提案いたします。

これまでの税理士

 
訪問なし
連絡なし
対策なし
4月
資料を回収に来る
5月
25日頃、説明に来る。
このとき初めて税額の説明が
あり、31日までに支払いを
求められる。

生駒学税理士事務所の一例
- 3月決算5月申告の場合 -

6月
翌々年、事業拡大のため設備投資を予定している。そのため、資金流出の伴う節税策はあまり行わず、資金確保する方針を決定。
社長の賞与(事前確定届出給与)の届け出を提出。
11月
9月までの数値を見て今期は700万円の利益と予想。対策を話し合い。
1月
11月までの数値(利益予想700万)を見て~~~~~~~
2月
12月までの数値(利益予想650万)を見て倒産防止共済に加入。
3月
1月までの数値(利益予想480万)を見て、従業員への賞与を支払い。
倒産防止共済:前納10万円×12カ月で支払う。
6月提出の事前確定届出に基づいて社長の賞与を50万円支払う。
4月
3月分の資料回収
5月
決算書・申告書作成
税額50万円減少

顧問税理士について詳しくはこちら

顧客数900社以上!累計案件数1万件以上!
経験と実績による
豊富な節税ノウハウ

生駒学税理士事務所は地域最大クラスの税理士事務所。培ってきた経験と実績は、節税のノウハウとして当事務所に蓄積されています。

また、社員も75名以上在籍しておりますので、専門知識やアイデアをフル活用して、お客様をサポートいたします。

提携パートナーによる
ワンストップサービス

節税対策の中には、手間や時間のかかる場合もあります。
当事務所はパートナー企業・士業と提携し、お客様の手間を最小限にします。

お客様にとって一番良い節税方法をご提案できる環境を整えています。

生駒学税理士事務所の業務内容

その他
会計税務相談 / お困りごと相談 など
会計ソフトについて
会計ソフトの種類を問わず、お客様の環境に合わせて対応いたします。

よくある質問

法人と個人事業主で節税対策は変わってきますか?

法人と個人事業主で節税対策は大きく異なります。例えば、生命保険であったとしても、個人では最大12万円までしか控除されませんが、法人では払った金額の一部または全額が費用計上できます。
また、個人事業主本人の給与は経費になりませんが、法人の代表取締役など役員の給与は一定の要件を満たせば役員報酬として費用計上されます。
弊社では、個人より法人の方が節税策は多いですので、個人事業主の方については法人化した方がメリットの多い方にはご案内させていただきます。

節税のつもりで脱税していないか不安です。

節税と脱税は混同される方もいらっしゃいますが、全くの別物です。節税は、法律に則って、中小企業者などが使用できる特例などを用いて余計な税金を払わないことです。一方、脱税は売上を隠したり架空経費を計上したりして不法に税金を安くすることです。節税のつもりいたところ気が付けば脱税していたというケースは稀にあります。そのようなことを防ぐには税理士への相談が不可欠です。弊社は節税対策のご案内をさせていただき、脱税になることはお客様にできませんというご案内をさせていただいています。

節税について、どんな相談をすればいいか分かりません。

一般人にとって節税策は身近なものではありません。弊社では、お客様から「節税策ある?」という質問をよくいただいており、それぞれお客様に合った節税対策をお客さまとともに考えながらご提案させていただきます。したがって、節税について難しく考える必要はなく、受け身の姿勢で相談していただいて大丈夫です。

手もとにお金を残しながら節税ってできますか?

基本的に節税策のほとんどは、お金が減ります。お金を残しながら節税するには、バランスが大切です。お金をいくら残し、いくらの税金を支払うのがベストかをきちんと検討しながら節税する必要があります。一方、お金が減らない特例等を適用できる場合は適用すべきです。しかしながら、特例等の知識は専門的で難しく、弊社では適用できるかどうかを含めて検討させていただきます。

御社の永続発展を万全の態勢でサポートします。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。