持続化給付金の手続き方法は?期限はいつまで?

2020年8月24日 助成金・補助金

新型コロナウイルスの感染拡大により、営業自粛等の影響を受けた事業者に対して、実施されることとなった『中小企業・個人事業者のための持続化給付金』(以下、持続化給付金)。特徴としては、「感染症拡大により打撃を受けた中堅・中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者(医療法人、農業法人、NPO法人など、会社以外の法人含む)」を対象に「事業全般に広く使える給付金」である点ではないでしょうか。

対象者範囲であれば使用用途が大変広いため、給付条件がそろっているにも関わらずまだ手続きをしていないという方は、早急に申請することをおすすめします。今回の持続化給付金の申請手続きに関するポイントをまとめました。

給付対象者について

「持続化給付金」の給付対象になる方は、次の通りです。

中小法人等の条件

資本金10億円以上の大企業を除く、中小法人等を対象とし医療法人、農業法人、NPO法人など、会社以外の法人についても幅広く対象となります。

2020年4月1日時点において、次のいずれかを満たすことが必要です。ただし、組合若しくはその連合会又は一般社団法人については、その直接又は間接の構成員たる事業者の3分の2以上が個人又は次のいずれかを満たす法人であることが必要です。

1. 資本金の額又は出資の総額(※1)が10億円未満であること。
2. 資本金の額又は出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員(※2)の数が2,000人以下であること。

② 2019年以前から事業により事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思があること。
③ 2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月があること。

個人事業主・フリーランスの条件

フリーランスを含む個人事業者が広く対象となります。

① 2019年以前から事業により事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思があること。
② 2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月(以下「対象月」という。)があること。

一度、給付を受けた方は、再度給付申請することができません。また、給付対象者には特例もあります。

条件に違いがありますが、主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者の方も申請ができます。副業をされている方や税務署の指導などで、雑所得として確定申告しているフリーランスの方ももらえる可能性があります。

詳しくは中小企業庁のHPをご覧ください。https://www.jizokuka-kyufu.jp/subject/

手続き方法

「持続化給付金」の手続き方法は、基本的にWeb上での「電子申請(オンライン申請)」のみとなります。

申請に必要なもの

・インターネット環境
・インタビューネットに接続できる電子機器(スマートフォン・ディスクトップPC・ノートPC・タブレットなど)
・証拠書類
① 確定申告書類
確定申告書別表一の控え(1枚)、法人事業概況説明書の控え(2枚(両面)
※少なくとも、確定申告書別表一の控えには収受日付印が押されていること。
※e-Taxを通じて申告を行っている場合、受信通知書または受付日時のある別表第一など相当するものを提出してください。
② 対象月の売上台帳等
※2020年分の対象とする月の売上台帳等
③ 通帳の写し

証拠書類は、スキャンデータやスマートフォンやデジタルカメラの写真で提出します。ただし文字が読める鮮明な画像でなければ、申請ができないためスキャナーや高画質の写真が撮れるデジカメなどがあると便利です。

申請の流れ

① 申請の要件を確認し、証拠書類(添付書類)を準備
② 中小企業庁の持続化給付金申請仮登録ページへアクセス https://mypage.jizokuka-kyufu.jp/apply
③ 事業形態・メールアドレスなどを入力し、仮登録をします
④ 入力したメールアドレスをメールが届いているかを確認
⑤ メールを開封し、本登録を行います
⑥ IDとパスワードを設定し、マイページを制作します。
⑦ マイページから申請情報入力、証拠書類のアップロードをして申請します
⑧ 通常2週間程度で、給付通知書が発送。登録の銀行口座に入金されます

仮登録を行ったあとに、本登録をすることで正式に持続化給付金を「申請」することができます。申請に不備があった場合は、マイページに通知されますので、登録したメールアドレス・ID・パスワードは忘れないようにしておきましょう。

電子申請は不安…そんな方は申請サポート会場を利用して

事業者の方によっては、インターネット環境がない方や電子申請がわからない方も多いかと思います。そういう方は是非、補助員が電子申請の入力サポートをしてくれる「申請サポート会場」へ行ってみてはいかがでしょうか?

申請サポート会場に行く上での注意点

申請サポート会場には、事前に来場予約が必須となっています。また前項で触れた申請に必要な証拠書類を紙でお持ちください。その他、申請補助シートを予約日当日までに記入し、ご持参する必要があります。

来訪予約

事前の来訪予約は電話もしくはWEBにて、受付できます。

【電話】
・「申請サポート会場 受付専用ダイヤル(自動ガイダンス)」
TEL:0120-835-130
受付時間:24時間対応※自動ガイダンスで、予約方法を案内します。
・「申請サポート会場 電話予約窓口(オペレーター対応)」
TEL:0570-077-866
受付時間:平日、土日祝日ともに9:00~18:00

【WEB】
持続化給付金HPの会場一覧から探すことができます。
・エリア(都道府県市町村)で探す
https://counter.jizokuka-kyufu.jp/
・検索(現在地/住所/地名/周辺施設)で探す
https://counter.jizokuka-kyufu.jp/search

申請補助シート

事前準備として申請に必要な情報を「申請補助シート」に記入して当日持参する必要があります。

補助シートは下記からダウンロード可能です。
https://www.jizokuka-kyufu.jp/support/

【注意】申請には期限があります

申請期限

給付金の申請はすでに始まっています。申請の期限は、令和3年1月15日(金)。令和3年1月15日(金)の24時までに申請を送信完了しておく必要があります。期限を過ぎると給付金を受け取れなくなってしまいますので、注意してください。

支給開始日

中小法人等、個人事業者等の場合、申請内容に不備等がなければ通常2週間程度で申請時に指定した銀行口座に振り込まれます。また申請の結果、給付要件に満たない場合は、給付されません。

詐欺に注意

この「持続化給付金」に関して、給付対象でない学生や主婦、サラリーマンなどに不正受給を持ちかける悪質な勧誘事例が発生しています。少しでも怪しい、もしかして詐欺?と感じたら最寄りの警察署や「#9110」に連絡してください。

まとめ

「持続化給付金」の手続きには期限がありますので、早急に行う必要があります。またオンライン申請のために、証拠書類をそろえなければいけません。

今回ご紹介した給付金手続きに関する情報は、令和2年7月28日時点のものです。今後、内容が変更する可能性もありますので、総務省による最新の情報にも注意しましょう。
「持続化給付金」でわからないことがございましたら、お気軽に生駒学税理士事務所までお電話・お問い合わせフォームにてご相談ください。

関連する人気のおすすめ記事

2018年3月24日
IT導入補助金、中小企業で活用する方法とは?
  IT(ソフトウェアやシステムなど)を使った業務の効率化や生産性の向上などが昨今注目され、働き……
助成金・補助金

関連キーワード

話題のキーワード

税務・経営・経理のことならお気軽にご相談ください!

0120-86-8140

メニューを閉じる

生駒学税理士事務所

0120-946-216

電話受付 (月・火・木)7:00~19:00 (水・金)7:00~18:00
上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる